くにおくん ザ・ワールド クラシックコレクション プレイ日記

皆さん、こんばんは。本日より、くにおくん ザ・ワールド クラシックコレクションのプレイ日記を書いていこうかなと思います。くにおくんに関しては色々とあるので、どうしようかと思いましたが個人のプレイ日記だから他とは違う感じで描ければ幸いかなと思い決めました。今回はどうしようかな、前書きだけにしておこうかな。次回よりプレイ日記及び、プレイ動画を添えることとしますね。ゲームとしては面白いので参考までとはいきませんがどうぞよろしくお願い致します。(攻略サイトではありません)

まずはこちら、くにおくん ザ・ワールド クラシックコレクションはPS4の作品であり、久々にくにおくんのゲームをプレイしたくなり令和となってPS4と同時に購入しました。ファミコン世代の人間としては毎日やってはうまくなりたいが為に同じことを何度もやったり、と言うか自分で簡単に買えるものでもないから単純にそうなっちゃうんですよね。今の現代では分からないけど、こういった世代なら誰しもが通ったんじゃないかなぁと思います。

さて何年も前からやってみたかったゲーム実況プレイのソロデビューとなった作品がこのくにおくんになります。今でもずっとやってますが、あくまで趣味としてやってるので再生回数が低かろうがなんとも思いません(笑) まぁ環境的にも自分らしさというのがあまり出せないのが悲しい所でもあります。動画を見返すと俺ってこんなにつまらないやつだったっけと思うところばっかりで、この頃は緊張などもあったけど言葉の引き出しが少なくて自分でも泣けてきます(笑)

それでは簡単にくにおくん ザ・ワールド クラシックコレクションについて行ってみましょう!

タイトル画面はこんな感じです。ファミコン版のパッケージが上へとスクロールしていきます。ファミコンでプレイ出来たやつおそらく全て詰まってると思われます。それと追加で海外版の方も4点+ダブルドラゴンシリーズⅠ,Ⅱ,Ⅲと盛りだくさんでより一層楽しめる逸品ではないかなと思います。ローカルプレイというのが通常のプレイモードで、PS4ならではのオンラインプレイたるものがプレイできますね。ネット環境さえ整っていれば離れた見知らぬ人と遊べますね!自分はオンラインはプレイしておりませんので、どんな感じなのかはお伝え出来ないのが申し訳ないですね。

こちらがローカルプレイで始めた画面になります。全17タイトルとかなり豊富な要素であり、ファミコンとは違いNO DATAと書いてあるところにそれぞれのセーブ機能が付いており、どこからでもセーブが出来たと思います。ファミコン時代ではいくつかはクリアするまでセーブ機能が付いてなかったんじゃないかなと思います。とてつもなくゲームしやすい環境になったと感じました。次回は早速上の画像でも表示してあるダウンタウン熱血物語のプレイ日記について触れていきたいと思います。

それでは、お疲れさまでした(^‐^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です