ホラーアドベンチャー【沈黙の夢幻】

みなさん、こんにちは。今回も【沈黙の夢幻】と言うホラーアドベンチャーゲームについて紹介したいと思います。 ここからはchapter3について紹介していきたいと思います。

とりあえずここからエンディングルートが分岐されるようですね。一つは初めの選択肢で見れることができます。そしてここからはchapter1では犬として体を借りていたユミルと言う九尾のような獣の力を取り戻すためのシナリオとなっております。

chapter3ではここに姉と行方不明者の名簿リストの人達を捜しに行ったり、ユミルの力を取り戻すための尻尾を集めたりすることになります。まずは尻尾集めからになりますが、chapter3のマップで小さな鍵を見つけること。そしてここでchapter1と2に戻れることになり、開けてない宝箱の中に毛玉なのか尻尾なのかよく分かりませんがそれを集めてユミルに届ける事ですね。後よく分かりませんがこのchapter3のマップは定期的に画面が揺れます。揺れてる意図が分かりませんがとにかく揺れます!

そしてこのchapter3では黒いマッチと言うアイテムを手に入れることがあり、chapter1,2,3のどこかの部屋に人らしき姿が天井に吊るされているのでマッチを使う事で解放していきます。このchapter3が一番ボリュームのあると言うかあっちこっち行かされる展開となっていますね。

こんな風に部屋のどこかに吊るされたような感じでいるので、たぶん掛け軸の上辺りにいますので黒いマッチを使います。その方向に話しかける感じで勝手に使用してくれますね。

そしてこのマッチを使って色々な行方不明者と姉を見つけては開放していきます。ここで分岐の起点となるかは試みてませんが姉を助けるか助けないかでエンディングが変わるかも?

自分の場合はchapter1~3までを行ったり来たりしていた為ここchapter3は結構時間かかった感じでしたね。3のマップも結構広めだったので色々と見落としていた場所もチラホラありました。この辺にきたら追いかけられるのにも慣れてきたのでホラーゲームをやってる気があんまりなかったですね(笑)

そしたらここchapter3に出てくる徘徊者を紹介していきたいと思います。

chapter1と2で登場した徘徊者達ですね。1と2で紹介したまんまで能力などに変わりはありませんので、そちらの方で確認して下さい。これらが一気にまとまってドバっと出てこられる事もありませんし、特に怖い要素などもありませんので軽く可愛がってあげてください。

テケテケ。学校で深刻ないじめを受けていた女子生徒。いじめに耐えきれず命を絶つためにこの夢幻の森に足を踏み入れた、と言う設定らしいです。接触するとゲームオーバー。足の速さプレイヤーとは同じ速さです。 夢幻の玉を使う事で動きを止めてくれる。ある事をすると意外と簡単に封じ込めることができましたね。

食人百足。影廊の徘徊者『仮面虫』。接触するとダメージを与えながら追いかけてくる。足の速さはとても遅くて夢幻の玉を使う事で動きを止めてくれる。プレイヤーの方が速いので玉を使う必要はないかもしれないが、chapter3ではこの百足が出てくる場所の一部がプレイヤーの足の速さが遅くなる地形となっているので気を付けつた方がいいかもしれませんね。

ヤマノケ。 影廊の徘徊者『千里眼の徘徊者』。接触するとゲームオーバー。足の速さはプレイヤーと同じ速さで夢幻の玉を使う事で動きを止めてくれる。ただし接触するとは言っても追いかけてくるだけで触れなければゲームオーバーになることはありません。 千里眼とあるが意外と近場にいないと気付かれないような感じでした。

髪面女。 影廊の徘徊者『無音の徘徊者』。接触するとゲームオーバー。足の速さはとても遅く、夢幻の玉を使う事で動きを止めてくれる。 これは個人的な感想になるんですが、後ろを向いていると髪のせいなのか辺りが暗いせいか見えなくなります。後、枠が広いのか狭い道を横切ろうとすると当たってしまう事がありましたね。

ユミルの力を取り戻す尻尾捜しと、姉と行方不明者捜しと、chapter1~3を行ったり来たりとボリュームのある感じでしたね。

と言った感じでchapter3の内容はこんな感じで終わりたいと思います。

それでは、お疲れさまでした(^‐^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です