ホラーアドベンチャー【沈黙の夢幻】

みなさん、こんにちは。今回も【沈黙の夢幻】と言うホラーアドベンチャーゲームについて紹介したいと思います。 ここからはchapter2について紹介していきたいと思います。

今まで一緒に一応付き合ってくれていた犬とはここでお別れになります。その辺は色々と事情があるらしいので仕方がない事ですね。その代わりにchapter2からは別の方と共に行動をすることになります。とは言ってもほとんど何もしてくれませんけどね(笑)青い髪の子がいるらしいとのことで、まぁパーティーメンバーは多いに越したことはないので、心境的な問題で付いてきてくれるのかもしれませんね。

出だしから青い髪の子ベリカと言う家政婦のような少女と共に行動します。上で言ったようにほとんど何もしてくれませんが最大限にお手伝いをしてくれるそうです。三姉妹で二番目の次女だそうで姉と妹もここで登場するようです。

chapter1に比べて少しマップが広くなってるような感じです。ここでのやることもchapter1と変わりなく徘徊者を掻い潜りながら勾玉と呪術用の鏡を最終的には取って次へと向かう感じです。前回言ってなかった気がしますので勾玉はマップ上のどこかにある祭壇に捧げます。呪術用の鏡はこれもどこかの壁に丸く縁が描いてあるところがありますのでそこに置くことで次のchapterへと進めるようになります。

そしてこのchapterで登場するベリカの姉妹の左側が姉のオルカと右側がアンジェラです。2人とも物騒な物を片手に持って、変なお面を被らされてます。このお面のせいで理性が安定していない状態とのことらしいです。当然見つかると次女のベリカと一緒にいようが襲ってきます。と言う事でここからchapter2に出てくる徘徊者を紹介していきますね。

こいつはchapter1にも登場した徘徊者ですね。chapter2にも登場してきますが同様に行動パターンは一緒です。

夢幻のフクロウ。 影廊の徘徊者 『仮面虫』。接触するとダメージを与えながら追いかけてくる。 足の速さは普通で夢幻の玉を使う事で動きを止めてくれる。 プレイヤーの方が足が速いので怖くはない。むしろかわいい方である。

空白の蛾。 影廊の徘徊者 『仮面虫』。接触するとダメージを与えながら追いかけてくる。 足の速さは普通で夢幻の玉を使う事で動きを止めてくれる。 蝶と見た目は似ているが色が違うので分かり易いと思います。

アンジェラ。 影廊の徘徊者『泣き声の主人』。メイド3姉妹の末っ子で、接触するとゲームオーバー。足の速さはプレイヤーが走る速さと同じです。夢幻の玉を使う事で動きを止めてくれる。

オルカ。影廊の徘徊者『泣き声の主人』。メイド3姉妹の長女で、接触するとゲームオーバー。足の速さはプレイヤーが走る速さと同じです。夢幻の玉を使う事で動きを止めてくれる。

ベリカ。影廊の徘徊者『泣き声の主人』。メイド3姉妹の次女で、接触するとゲームオーバー。足の速さは普通です。夢幻の玉を使う事で動きを止めてくれる。理性がまだ完全に壊れていないせいなのか分からないが、他姉妹よりかは落ち着いて行動できます。

これもchapter1にも登場した徘徊者ですね。chapter2にも登場してきますが同様に行動パターンは一緒です。

chapter2は足の速い徘徊者が一体追加されたくらいですね。自分がプレイした感じでの対処の仕方としては、まぁどれだけ徘徊者がいようが部屋の中に閉じ込めてしまえばいないようなものなのです(笑)

と言った感じでchapter2の内容はこんな感じで終わりたいと思います。

それでは、お疲れさまでした(^‐^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です