ホラーアドベンチャー【沈黙の夢幻】

みなさん、こんにちは。今回は【沈黙の夢幻】と言うホラーアドベンチャーゲームについて紹介したいと思います。ここでは自分がこのゲームをプレイしてみてどんな感じだったのかなどを書いていきたいと思います。特に攻略と言った内容ではありません。

プレイヤーは警察官となって行方不明者を捜すと言った任務で、夢幻の森と呼ばれるとある祠を進み歩くちょっぴりホラー要素のアドベンチャーゲームとなっております。エンディングルートが4つほどあるそうですが、それはプレイしてみてください。ちなみに無料でsteamにてどなたでも遊ぶことができます。難易度が3つありまして自分はノーマルで一応クリアしました。日本語ではありますが若干翻訳が謎めいたところもありましたけど、何となく分かります(笑)

それからchapter1~4までありまして順番に書いていこうと思います。大したことを書くわけではありませんが個人的にそうしたいだけなので気にしないでください!ちなみに基本はマウスとキーボードでの操作ぽいですがPS4のコントローラでも一応対応してました。

まずは主人公の名前決めからですが自分はデフォルトのままでやりました。この辺は好きなように変えても何の問題もありませんね。まぁ自分が動かすキャラだから愛着をもって名前を付けてあげるのもいいかもしれませんね(笑)

まだこの辺りはchapterには入ってませんのでオープニングみたいなもんですね。

左に犬、右に宝箱があります。宝箱は積極的に開けていくといいと思います。左の犬ですが自分がプレイした時は連れて行くことができたので一緒に行きましたが、連れて行かないと違うエンディングがみれるかもしれませんね。犬に名前も付けれるようです。それから進んで行くと少女みたいな人を見つけ、とりあえず追って行く事になり辿り着いたところがこのゲームの舞台の古い祠堂があり中を探索することになります。中に入り鏡を調べると物語の始まりですね。

暗く見辛くてすみません。一応ホラーということもありゲーム画面は少々くらいですが、プレイする際はもう少し明るく見えないということはありませんでしたけど個人差にもよるかもしれませんね。中身の話の内容については実際にプレイして見て下さい。どうしても気になると言う方はコメントにでも書いて頂けると出来る限り答えようとは思います。

さてここからがこのゲームの本題ですが、色んなところを捜索して重要なアイテムの勾玉と呪術用鏡を見つけることで先に進めることができます。まぁこの二つはそれぞれのchapter後半にしか手に入れれないのでいずれ手に入れれます。

そしてプレイヤーを守るアイテムを紹介していきますね。このゲームは鬼ごっこみたいな感じで徘徊者と呼ばれる悪霊がおり、見つかると追いかけて来て接触するとダメージを喰らったり、一発ゲームオーバーとなったりします。セーブはいつでもどこでも可能です。

古いお守り:chapterごとに一度だけ使用できる復活アイテムです。一応ゲーム内にも説明はついています。

夢幻の玉:追ってくる徘徊者の足を10秒間止めたり遅くしたりする魔法の玉です、ここぞというときに使いましょう。意外と結構手に入りやすいのでそこまで温存しなくていいかも?

チョコバー:小さな徘徊者と接触するとダメージをくらいます。使用することで体力を回復することができます。これも手に入りやすいと思います。

バッテリー:chapterごとに20分の制限時間があり、20分経つとゲームオーバーですが使用することで回復します。

ロッカー:アイテムではありませんが特定の位置にロッカーがあります。中に入ることで一部の徘徊者が初期位置に戻されます。

とりあえずこんな所でしょうかね。後、蝶みたいなのもいて、アイテムではありませんが効果は夢幻の玉と同じですがこちらは20秒間と効果が長めです。

こういった部屋を見つけて色んな所を捜索していきます。タンスとか箱にアイテムが入っていたりします。調べれるところは全部調べていった方がいいと思います。ここで鍵と小さな鍵という重要なアイテムを見つけれたりします。小さな鍵は色の付いた宝箱が開けれます。鍵はこういった部屋の鍵になります。鍵がかかった部屋もありますので鍵を見つけないと先に進めなくなったりしますので部屋は念入りに調べるといいですね。

それではここからはchapter1に出てくる徘徊者を紹介していきます。

幽鬼。影廊の徘徊者『さすらいの魂』。接触すると少量のダメージを受ける。足の速さは普通で夢幻の玉を使う事で動きを止めてくれる。プレイヤーの方が速いので玉を使う必要はないかも。

戦慄の巫女。 影廊の徘徊者 『神楽鈴の徘徊者』。接触するとゲームオーバー。足の速さなどは上記と同じです。 夢幻の玉を使う事で動きを遅くしてくれる。

キャリア男子。徘徊者、首から上がない。頭はキャリアバックの中にあるらしい。 接触するとゲームオーバー。 足の速さなどは上記と同じです。 夢幻の玉を使う事で動きを止めてくれる。

憎悪を撒き散らす影。 影廊の徘徊者 『 憎悪を撒き散らす影 』。接触するとゲームオーバー。足の速さなどは上記と同じです。 夢幻の玉を使う事で動きを 遅くしてくれる。

姦姦蛇螺(かんかんだら)。 影廊の徘徊者 『走る徘徊者 』 。接触するとゲームオーバー。足の速さはプレイヤーが走る速さと同じです。夢幻の玉を使う事で動きを遅くしてくれる。

とまぁchapter1で出てくる徘徊者はこんな感じです。あと一つ紹介しておくものがあるとするなら、

部屋の中にあるこの花のようなくぼみですが、調べると目玉みたいのが現れ、もう一度触れると徘徊者が近くに湧くと言う魔法のようなアイテムです!これを逆に利用することで優位に立てることもできそうです。

と言った感じでchapter1の内容はこんな感じで終わりたいと思います。

それでは、お疲れさまでした(^‐^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です