Human Fall Flat(ヒューマン フォール フラット) プレイ日記

皆さん、こんばんは。それではヒューマンフォールフラット、プレイ日記12回目の投稿となります。今回も最後にプレイ動画を添えてお届けしようと思います。さて今回もステージ、ウォーター続きからについてのプレイ日記をお伝えできればなと思います。ゲームとしては面白いのでプレイの参考までとはいきませんがどうぞよろしくお願い致します。(攻略サイトではありません)

さて前回からの楽しかった船旅も終わりここからは苦痛に陥るプレイとなっております。一年前くらいだけどそれだけは今も記憶に残ってる印象の強いフロアです。上の画像に見えるここでのやることは、クレーンを動かして黄色と青色のコンテナで先に見えるところまでの足場作りの作業をやるといった感じでしょうか。ここは一人でやるとかなり徒労感が出そうですね。まずクレーンの4か所をコンテナに引っ掛けないといけないので、色々と操作慣れしてないと難所かなと思います。まぁうまく引っ掛けさえすれば後は簡単なのでぜひプレイしてみてください。それでは次に行きましょう!

さぁここからが苦痛の始まりでしたね。上の画像ではうまく伝わらず申し訳ないですが、ここではイカダに乗り進んでいくような感じです。途中イカダを橋の下をくぐらせ、自分らは橋の上を越えていきスムーズな操作が要求されるようなそんな場所です。川が常に流れてるので水の流れが止まることはありません。中間に木箱を使って道を作るようなところがあります。この時は誰か一人でも進んでくれとの思いでかなりの時間を消費したので、面倒くさがらず冷静に積み重ねていけばこんなことにならずに済んだと後から後悔しましたね・・・

はい、それでは今回はこれでラストになるフロアです。このイカダ巡りにかなり時間くったので編集でもかなりカットされてる感じになってます。ここで初の正攻法から逃げた感じに仕上がっております!イカダに乗って進むと途中にスイッチのある島があり、一人プレイだとそこに木箱を持っていかないと多分進めません。あまりよく分かってないんですが、イカダの途中分岐点がありうまく軌道を変えた所に2つ目のイカダがあるので、それを利用して奥の方にある木箱をイカダで運んでスイッチのある島へと持っていかないといけない。時間、精神ともに限界だったのでそんな正攻法などかまわずに、一人でも進めればセーブポイント入るだろうと完全に製作者無視の強引突破に目覚めた瞬間でした。このイカダ巡りにいくらの時間を費やしたのかなんて覚えてやいない・・・

ということで今回はここまで、本当に一番疲れた一日になったなと更けていったそんな出来事でした

それでは、お疲れさまでした(^‐^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です