オリンピック選手として世界記録を目指せ!それがSummer Games Heroesと言うゲームだ!

みなさん、こんにちは。今回はと言うか今回もになるんですけど、steamで配信されているSummer Games Heroesと言うゲームについて紹介させて頂こうかなと思います。このゲームはスマホでも無料でダウンロードして遊べるようです。ただ今回はPC版でプレイしてみてのお話をさせて頂こうかなと思います。スマホの方ではやったことありませんが内容はほぼ同じだと思います。

steam版では無料の物と¥520で買えるFull Versionがあります。今回は無料版の方をプレイしてみたのでその話をさせてもらいますね。

無料版での行える競技としまして、・100メートル、・走り幅跳び、・水泳:100メートルの3競技です!無料にしてはあまりにも少なすぎる(笑)

Full Versionではこの他にハンマー投げ、やり投げ、棒高跳び、フェンシング、ウエイトリフティング、10種目 十種競技、馬の跳躍など約30競技ほど遊べます!無料で10競技くらい遊べてもよかったのではと思いますね(笑)

まぁそれは置いといて無料版での3競技をフレンドと3人で遊んで見たので順次紹介させて頂こうかと思います。マルチプレイで最大何人までプレイできるかはわかりませんが、8人くらいかそれ以上の人数で遊べる気がします。悲しいことにそんなに友達いないので分かってあげてください(笑)

それではいつものごとく画像と共に話していこうと思います。

まず自分の分身となるアスリートのキャラ作りをします。とりあえずシンプルに作ってみました。目立ちたい方は派手に作るのもいいと思います。競技後お金が貯まって行ったりするのでショップなどで色々な物揃えて個性を後から出していくのもいいと思いますよ。

今回3人でのマルチプレイですのでこんな感じになります。端から端まで埋まるとすれば10人くらいはいけそうな感じがしますね。

1種目目100m走、キーボードの連打の速さが勝負の分かれ目になります。スタートのタイミングが分からず、初手から圧倒的に離されてしまいました(笑)スタートのタイミングと連打に自信ある人はワールドレコードも狙えるかも⁉これを見てやってみようと思った方は是非ワールドレコードを狙って見て欲しいです!

2種目目走り幅跳び、これもキーボードの連打の速さと踏み込み位置のタイミングからの角度調整が大事だと思われます。やはり距離を出したいので助走の連打では気を抜きたくないところですよね。後自分の経験では踏み込み位置がシビアだなと感じました。助走連打で疲れた所を絶妙なタイミングで飛ばなければいけない、疲れる、そしてフライング、記録なしが個人的は多かった気がしますね(笑)

やはり勝ちたいと遠くまで飛びたいと世界記録を目指したいと思う気持ちが自分を焦らせてしまったようだ、そんな競技でした。

3種目目水泳:100メートル、これはタイピング連打とでもいうのでしょうか、キーボードのHNBGと言う順に4つのキーをうまく早押しする感じです。途中からは今何ボタン押したんだっけ?となったり一度押し間違うと、あれあれあれ、ああああ、え?みたいな手元が混乱してしまうような現象になっちゃいましたね(笑)

とまあここまでが無料版で出来る3種目についてお話させて頂きました。ちなみに総合順位はこうでした。

この日この3種目を3回程プレイし、さすがに連打で疲れ果てました‼まぁこれでも意外と楽しめましたね。小さな体力を奪われながらも世界記録に挑戦する、いかかでしたでしょうか?これを見て楽しそうだなと思ったら是非スマホでも出来ますので友達とプレイしてみてはいかがでしょうか。製品版でもそこまで高い物でもないし何十種目も遊べたりもできますのでよろしかったら遊んで見てはいかがでしょうか。

それでは、お疲れさまでした(^‐^)/

OMON Simulator【警察シミュレータ】と言う少しアホなゲーム

みなさん、こんにちは。今回はsteamで¥100で遊べるOMON Simulator【警察シミュレータ】と言う少しアホなゲームを紹介しようと思います。シミュレーションでありアクションでありRPGでもありアドベンチャーでもあり少しヌード的な要素も含まれてますが、ゲームキャラのパイオツが少し眺めるだけで興奮するほどではありませんが純粋な方はどうなんでしょうね(笑)

ゲームの内容としてはデモの鎮圧をするような感じですかね。とりあえずの舞台はロシアとなってるみたいです。ゲームキャラのモデルとしてプーチン大統領、トランプ大統領、オバマ大統領の似た人が登場します。ゲームとは言えこういう使い方をしていいのか知りませんけどね(笑)

協力モードとして友達など最大10人で遊べたり、Police riot van racingでは最大3人までマルチプレイできるユニークなゲームモードもあるそうです。

プレイについては、とりあえずデモを鎮圧する警察をいくつかのキャラクターから一人選んでいくつかミッションがあるのでそれを題材に攻略してコンプリートしていくゲームだと思います。自分がプレイしたときはロシア語だか何語だかわからない文字だったので説明できません!

それではここからはいつものごとく画像と共に簡単に話していこうと思います。

まずはいくつかある警察側のキャラを選びます。何語なのかはわからないけど明らかにオバマ大統領に似た何かでも遊べるっぽいですね。キャラの横に名前らしき文字が見えますけど自分にはさっぱり読めません!

こんな感じのロシアを舞台とした繁華街のようなマップですかね。タモさんみたいなのか、カンナムスタイルみたいな人なのか活発なデモが起こってるようですね。

今では日本語対応してるっぽいですが、自分がやったときは左側に見える英文みたいなのがミッションであり、下に見えるのがキャラアクションが行えます。

・集会と抗議を保護する、・危険な人々を逮捕する 、・野党指導者を捕まえる、・国の人の世話をする、と言ったミッション等があるそうです。

おそらく看板持ってて抗議してたような感じでしたので、腰カックンさせて保護するようですね(笑)

政権交代と言わんばかりに似た人物が似た人物を保護してる感じでしたね(笑)

何やらロシアではお尻にビンを突っ込む訓練をしてるそうですね。なかなかこう言った所見れませんよ!警察4人の左に鶏がビンをお尻に刺したまま直立不動してます、おそらく人よりニワトリのほうが格上の存在なのでしょうねこの国では(笑)

よくわからんひよこの置物がありますが、これも多分ミッションの一部に関係してるかもしれませんね。何語なのか文章が読めないもので何と言ったらいいか・・・

それから最後にマフィアらしき集団とのバトルです。この時は同時KOに終わりました。

今では日本語対応もしてるらしいんで、出来れば今度友達を誘ってやってみたいなとは思ってます。ちょっとしたバカゲーのような感じではありますが、暇つぶしには持ってこいの良い作品だともいます(笑) steamでのレビューのほうでも『ほぼ好評』と書いてありますし不評とは書いてありませんのでまだまだ楽しめるゲームの一つだと思います。

まぁ何となくこのゲームが気になったら友達と遊んで見るんもいいですし、一人で遊んで見るのも良いと思いますよ‼それではまた面白そうなゲーム等を見つけたら紹介していこう思います。

それでは、お疲れさまでした(^‐^)/